パンデミック後の世界でのビジネス システムの拡張性、信頼性、イノベーション

企業および世界全体がパンデミックの影響から回復しようとしている中、IT は必要に迫られて導入した業務プロセスを再評価し、その中から価値あるものを見極めて維持する必要があります。

Image placeholder

2020 年を IT の観点から見てみましょう。世の中が大きく変化すると、テクノロジーのニーズと利用方法が劇的に変化することがわかります。また、ビジネス クリティカルなシステムに対する作業負荷要求は、予測不可能なレベルから前例のないレベルへと急変する可能性があることがわかります。今日の企業はこれまで以上に信頼性が高く変化に強いシステムを求めています。世界、ワークフォース、作業負荷の変化に関係なく、ニーズに合わせて絶えず拡張できるシステムです。

企業および世界全体がパンデミックの影響から回復しようとしている中で、IT は必要に迫られて導入した業務プロセスを再評価し、その中から価値あるものを見極めて維持する必要があります。多くの IT リーダーは、ツールとプロセスが短期間で自然淘汰されるのを目の当たりにしました。この経験は、今後 IT が急な方向転換を迫られた場合に、適切なツールやプロセスを見極めるのに役立つかもしれません。 

まだクラウドに移行していない企業は、昨年の経験により、クラウドなしで変化に迅速に対応し回復することが困難であることを理解しました。さらに、企業は真のクラウド システムを企業管理部門 (財務、人財、プランニング) に活用することは、単なる差別化要因になるだけでなく、事実上不可欠であることを理解しました。ただし、クラウドにデプロイするだけでは十分でないことは明らかです。クラウド上で適切な運営を行うためには、信頼性、拡張性、継続的なイノベーションを、最適な形で調整する必要があります。

タイムリーに要求を処理できない国営の失業手当システム、大量の取引を処理できない FinTech アプリケーションなど、私たちは処理が追いつかないシステムの事例を数えきれないほど見てきました。控え目な言い方をすれば、昨年は Chaos Monkey が現実社会に現れたような年でした。

しかし、昨年は「真のクラウド」の価値が発揮されている驚異的な事例も見られました。たとえば、運用モデルをすばやく移行したり、新型コロナウイルス感染症に対応するため病院職員を部門間を超えて移行したりするなど、これまでに前例のない方法で Workday を利用されているお客様がいました。トランザクション量が際立って増えただけでなく、利用方法が予測不能で前例のないものになっています。クラウド サービスの提供をバランスよく行うことにより、Workday は最高レベルの信頼性、拡張性、イノベーションを提供し続けています。 

企業は真のクラウド システムを企業管理部門 (財務、人財、プランニング) に活用することは、単なる差別化要因になるだけでなく、事実上不可欠であることを理解しました。 

真のクラウド サービスの提供の側面と、Workday が継続的に取り組んでいる投資テーマについて見てみることにしましょう。

信頼性。世界で何が起こるかは予測不能ですが、これを予測可能にすることが私たちの責任であると考えています。特に可用性については、お客様に明確に提示したいと考えています。2020 年は、サービス可用性を 99.98% 達成し、この責任を果たすことができました。お客様の負荷要求を満たすため、私たちはこれまでの経験に基づいて適切なリソースを投入しています。これまで経験したことがない案件についても同様です。また、私たちは先を見越したモニタリングへの投資を続けているため、問題を正確に特定し、お客様に影響が及ぶ前にリソースを適用することができます。 

拡張性。Workday はお客様とともに成長を続けてきました。その間、変化する需要に対応するだけでなく、経時的パフォーマンスも高めてきました。私たちは 1 年間におよそ 2,650 億件のトランザクションを処理しています。これは財務、人財、ビジネス プランニング向けのクラウドとしては破格の数字です。また、私たちは規模や業種を問わず、パフォーマンスのサービス品質保証契約書 (SLA) をすべてのお客様に提供している世界で唯一のベンダーです。

途切れることのないイノベーション。私たちは強化機能と新機能を革新的に展開し、簡単かつ実用的に利用できるようにすることで、継続的にカスタマー エクスペリエンスを強化し、リグレッションを回避しています。この取り組みがお客様の運用を妨げることはありません。業務を中断させるようなアップグレードを独自のスケジュールで行うことが適切であるかのように働きかけるベンダーがいますが、そうではありません。私たちの理念は、コンシューマー アプリケーションと同様、Workday アプリケーションを継続的に革新し、優れた価値を提供して、業務の中断を最低限に抑えることにあります。

次回クラウド ベンダーを評価する際は、ベンダーが行っているコア インフラへの投資について、また、クラウドの提供のあらゆる側面に対する投資をどのように戦略的に調整しているのかについて、訊いてみてください。あなたが必要とするとき、または Chaos Monkey が次回現実社会に出現したときに、ビジネス クリティカルなアプリケーションを提供できるかどうかをご確認ください。 

さらに読む