継続的プランニングにおいて最高財務責任者 (CFO) が果たす大きな役割

データドリブンな意思決定のためのツールを持つことで、組織はプランニング、方針転換、戦略的パートナーシップの構築が可能になります。これが医療業界の事業継続性、成長、および変化を支えます。

Image placeholder

日増しに複雑さを増す医療業界において、財務部門のリーダーは短期的な緊急事項と長期的なビジネス目標とのバランスを同時に取ることが求められます。ビジネス インサイトを引き出し、継続的なプランニングの能力を備え、あらゆるレベルの意思決定者がデータとインサイトに基づいた判断を行えるようにすることは、組織のレジリエンスを構築するための鍵となります。

CFO とファイナンシャル プランニング リーダーの役割は、組織の未来のためにより優れたサポートを提供することへと移行しつつあります。データドリブンな意思決定のためのツールとテクノロジーを持つことで、組織はプランニング、方針転換、戦略的テクノロジー パートナーシップの構築が可能になります。これが医療業界における事業継続性、成長、および絶え間ない変化を支えます。 

CFO の戦略的役割

財務部門のリーダーは、組織全体にわたりビジネス上の弱点 (臨床的な観点を含む)、人的資源の制約、サプライチェーンの課題について把握できるため、組織の戦略的パートナーとなっています。特に危機的で不確実な状況の中では医療の臨床サイドとビジネス サイドがより緊密に連携してインサイトを共有することがますます重要になってきます。たとえば、コストと品質と成果のバランスを取るために、ビジネスリーダーはデータを利用して、高額な機器が患者により良い成果をもたらすかどうかを判断します。CFO の主導で、臨床チームがこのような情報を利用できるようにすれば、医療費に関するデータドリブンな意思決定を促すことになります。このようなデータ共有とコラボレーションの促進により、チームのより良い協力関係が築かれ、不測の事態に備えることができます。  

コスト管理とデータドリブンな意思決定を実現する

各部門間でこのような強力な関係性を築くことで、財務部門のリーダーはより良い意思決定を支援し、財務上の成果や患者にとっての成果をもたらすことができます。しかしそのためには、CFO とファイナンシャル プランニング リーダーには、データを保存して簡単に共有できるツールとテクノロジーが必要です。このデータは、臨床チームが現状を把握し、改善の機会を見極め、リスクを発見し、将来に向けた計画を立てるのに役立ちます。 

一貫したユーザー エクスペリエンス、サインイン、ワークフロー、およびすべての部門間で共有されるリアルタイムのデータを備えたダイナミックなシステムがあれば、正確なインサイトが得られ、データがもっと使いやすくなります。データとレポート機能がひとつのプラットフォーム内にあると、レポート作成や分析の際の IT 部門の関与を減らすことができるので、効率が向上し、意思決定に伴う全般的なコストが低減します。Fairview Health Services 社のファイナンシャル プランニング担当システム ディレクターである Andrew Schmidt 氏は次のように語ります。「Workday Adaptive Planning の強力なレポート機能によって、部門レベルのデータを OfficeConnect のインターフェイスにドラッグアンドドロップするだけで、たちまち独自のロールアップを作成することができます。手作業でのスプレッドシートの追加や IT チケットの送信などは必要ありません」

プランニングの取り組みにおいては、システムが自己完結していて効率的であることが重要です。「Workday Adaptive Planning で営業費用の配賦を自動化し、あらゆる変更の影響を瞬時に確認することができました。以前は、すべて手作業で更新を行う必要があり、エラーがないことを祈るばかりでした」と Schmidt 氏は話しています。臨床と収益サイクルのテクノロジーがプランニングと統合されているため、リーダーは、臨床上の選択がもたらす財務およびリソースへの影響、また財務上の決定がもたらす臨床への影響を容易に把握することができます。 

「重要な意思決定を支援するため、リーダーは主要なメトリックにオンデマンドでアクセスすることができます。クラウドベースのソリューションなので、ビジネスリーダーは必要なときにいつでもアクセスしてこの可視化された機能を利用することができます」

Anthony Mascitti 氏 ApolloMD、CIO

タイムリーなレポートによってより迅速な意思決定も可能になります。ApolloMD 社の最高情報責任者 (CIO) である Anthony Mascitti 氏は、合理化された統合型のレポート機能によってビジネスに良い影響が現れていると語っています。「レポートが作成されるまでに何か月もかかるというようなことはありません。しかも何週間でもなく、何時間ですらありません。重要な意思決定を支援するため、リーダーは主要なメトリックにオンデマンドでアクセスすることができます。クラウドベースのソリューションなので、ビジネスリーダーは必要なときにいつでもアクセスしてこの可視化された機能を利用することができます」

先の見通せない危機的な状況下におけるパートナーシップ

CFO とファイナンシャル プランニング リーダーがその他のステークホルダーと協力しながら医療提供システムを改善し、データ ギャップを埋めていく際には、変化への取り組みを支援する柔軟かつ信頼できるテクノロジー パートナーが必要です。ChristianaCare 社の CFO である Rob McMurray 氏は次のように語ります。「Workday はパートナーシップとは何であるかを示してくれました。Workday のサポート モデルには業界の豊富な知見が活かされており、このおかげで私はトランザクションにあまり煩わされずに、プランニング、実行、分析により多くの時間を割くことができました」

組織が財務、人事、サプライチェーンの全体像を把握できれば、リーダーは効果的なプランニング戦略を策定し、より良い成果を目指してプランを随時変更することができます。例をあげると、Workday コミュニティのある医療機関は、COVID-19 発生に際し、Workday Adaptive Planning 内のプランニング アプローチを変更することでアジリティを保ちました。これにより、ローリング予測までの時間を短縮し、グローバルな要因に基づいたプランから、地域別、コスト センター別の COVID-19 用のプランに移行することができました。

ChristianaCare 社のファイナンシャル プランニングとオペレーション分析のディレクターである Kevin Kain 氏は、強力なパートナーシップの価値を力説し、COVID-19 のパンデミックへの対応について次のように説明しています。「年次の予算編成プロセスが始まった数か月後に、わずか 4 日間で月次の収益予測に切り替え、業務や患者のケアへの COVID-19 の影響をより効果的に管理できるようになりました。また、その数週間後には、CFO と財務委員会向けに 3 つのシナリオ ケースをモデリングし、意思決定の支援を行いました」

アジャイルなプランニングにより、組織は極めて不確実な時代においてさえも前進することが可能になります。医療機関が絶え間ない変化に対応していく中で、財務部門のリーダーはビジネスを保護し、発展、成長させるための基盤を求めており、順応性のあるテクノロジーがその基盤となります。 

詳しくは、こちらの HFMA レポートをお読みください。企業全体の可視性を高めることがどのように真の競争優位性につながるのかが理解できます。

さらに読む