メディア&エンターテインメントのリーダーがトランスフォーメーションを通じてどう成長できるのか

メディアやエンターテインメント業界における従来のカテゴリは、急速に消滅しています。これらの業界のリーダーたちは、すべてが常に変化している中でどう成長できるのでしょうか?

かつて、メディアとエンターテインメントの境界線は非常に明確でした。映画制作会社は映画やテレビ番組を作っていました。ゲーム会社はビデオ ゲームを作っていました。また、好きな番組を聴いたり見たりしたくても、ラジオやテレビ局の数は限られていました。今日ではそんなことはありません。ストリーミングや常時視聴が主流となり、すべてのポケットにスクリーン コンテンツがある時代になった今、メディアやエンターテイメントの境界線は想像以上に曖昧です。 

たとえば、数年前に私が「Apple や Amazon は映画やテレビ制作の主要企業になる」と言っていたら、あなたは信じたでしょうか?赤い封筒に入れたDVDを初めてあなたに郵送した会社が、何十億もの消費者の目と耳を求めて他のストリーミング サービスとの戦いに深入りするとは予測していたでしょうか?また、2022 年のアカデミー作品賞を受賞した映画が、コンピューターの製造から始まった企業が作ったと言ったらどうでしょうか?

「トランスフォーメーショナル エクセレンスを実証する企業は、ストレス下で優れた機能を発揮する優秀な万能型アスリートのような傾向があります」

MGI Research

このような変化はかなり以前から進行していましたが、新たなイノベーションの波が押し寄せるたびに変化は激しさを増しています。最近の変化の中にはパンデミックに直接リンクするものもありますが、多くはパンデミックによる破壊的な影響より前に起こったものです。テック企業がゲーム会社を買収し、メディア企業がゲーム会社と提携して仮想ゲームや仮想体験に広告を出すなど、コンテンツ制作の基本モデルはここ数年で大きく変化しています。最近アクティブ ユーザー数が 10 億人を突破した TikTok のようなネットワークの出現により、スマートフォンさえあれば誰もが新しく革新的な方法でコンテンツ クリエイターになれるのです。そして、かつて「放送」と呼ばれていたもので、Blue の Yeti マイクと静かな空間があれば、誰でも何千人ものリスナーを集められる可能性があるのです。パブリッシャーはもう単なるパブリッシャーではありません。私たちが皆、パブリッシャーです。 

では、メディアやエンターテインメントのリーダーにとって、このすべては何を意味するのでしょうか?この分野の企業が成長し、シフトしていく中で、古いルールブックやカテゴリを捨てる時が来たのです。そしてシフトが起こったときに、社内に大きな混乱を招くことなく、いつでもプロセスやシステムを変更できるように用意していなければなりません。変化への適応は、運用モデルを徐々にシフトしていくことを意味する場合もあれば、合併買収 (M&A) や新規株式公開 (IPO) などの変革的なイベントによって、より素早く変化する場合もあります。

「人事部門、給与計算、財務が統合されていることで、M&A のインテグレーション活動が簡単にできるようになりました」

Kevin McDonald 氏 人財サービスおよびインサイトのバイス プレジデント The E.W.Scripps Company

この種の変化は、企業内部のプロセスがしっかりしている部分は補強し、弱い部分には光を当てる方法をとります。この考え方は、Workday と MGI Research の最近のホワイトペーパー『Transformational Excellence: Leveraging M&A, IPOs, and Divestitures as Pivot Points for Success』の中で検討されています。このレポートの作成者は以下のように述べています。「変革的なイベントによって広範囲にわたって組織が荒れ、オペレーションの回復力、やるかやらないかの迅速な意思決定能力、文化的適応力、そして財務、人事部門、IT、その他のベストプラクティスにおける弱点が露呈します。トランスフォーメーショナル エクセレンスを実証する企業は、ストレス下で優れた機能を発揮する優秀な万能型アスリートのような傾向があります」 

そして最後に、変化を通じて成長するための重要な要素として、適切な最新のクラウドベース テクノロジーを導入していることが挙げられます。The E.W. Scripps Company の人財サービスおよびインサイトのバイス プレジデントである Kevin McDonald 氏は、20 を超える変革的なイベントを経て、会社を導いてきました。かつては新聞社でしたが、現在はメディア コングロマリットへと進化しており、最近の Workday ポッドキャストのエピソードで、McDonald 氏は次のように語っています。「Workday は、私たちの直近の買収の成功に絶対的に重要な役割を果たしました。人事部門、給与計算、財務が統合されていることで、M&A のインテグレーション活動が簡単にできるようになったのです。しかし、私にとってもっと重要なことは、異なるシステム間でデータが同期していないというリスクを排除できることです」

つまり、メディア業界とエンターテインメント業界のリーダーは、カテゴリが融合し、イノベーションが加速するこれからの時代で成長したいのであれば、フレキシブルで適応性の高い環境を育成し、より良い社内プロセスに焦点を当て、最新の企業向けクラウドベース テクノロジーに投資する必要があります。

さらに読む

  • 人事部のあるべき姿とは?今求められる役割と実現のための方法を解説

    人事部のあるべき姿とは「経営目標を実現させるため、自社人財の能力を最大限に活用する戦略を立てて実行できている状態」です。実際に、成功している企業の人事部はそういった限定的な考えから脱却し、会社全体の経営戦略に基づいて人財を育成したり、パフォーマンスを向上させるための施策に取り組んだりしています。最後までお読みいただけると、人事部のあるべき姿を理解した上で、今求められている役割から実際の業務内容までを知ることができます。

  • 従業員エンゲージメントとは?意味・メリット・事例・向上施策を解説

    従業員エンゲージメントとは、「従業員が企業に貢献しようとする自発的な意欲」のことです。従業員は人財であり、企業の成長に欠かせないとする考えが世界のスタンダードです。目まぐるしく変わる社会情勢の中で生き残るためには、従業員エンゲージメントを軽視することはできません。最後までお読みいただくと、「どうすれば優秀な人財を定着させられるのか」「どうすれば意欲的に業務に取り組む従業員を増やせるのか」という悩みの答えが見つかるはずです。