未来の CIO に求められる 4 つの資質

今後数年で、企業において最高情報責任者 (CIO) に求められる役割はさらに広がり、戦略性の高いものとなっていくでしょう。これまでのリサーチや CIO から得た情報では、未来の CIO には主に 4 つの資質が求められることが分かっています。

Image placeholder

CIO の役割は、過去 10 年の間に急速な進化を遂げました。しかし、絶えず変化する複雑な現代の経済状況のもと、組織のデジタル戦略を牽引していくためには、より一層その傾向を推し進めることが必要です。

かつて CIO は、プロセスの効率化を目指すテクノロジー システムを管理することが主な役割でした。しかしテクノロジーが進化するにつれ、さまざまなハードウェア システム、アプリケーション、コネクタ間の通信の重要性が増すことになりました。インターネットの黎明期には、あらゆる形で接続することがさしあたっての目標となりました。

現代の経済環境においては、CIO にはさらに幅広く、戦略性の高い役割を果たすことが求められています。そのためには、技術的に深い知識と豊富なビジネス知識を持ち、大きな飛躍と市場機会の拡大に資するリーダーシップを発揮しなければなりません。多くの CIO は、自身の知識やその活用方法を変えていく必要があるでしょう。

これまでのリサーチや多数の CIO から得た情報 (詳細は特集記事をご覧ください) では、今後 CIO がリーダーとして生き残るために必要な 4 つの重要なスキルがあることが明らかになっています。

データ提供のノウハウ

デジタル化における行動指針を明示し、実行していくためには、まずビジネスをしっかりと理解し、ビジネス目標にふさわしいテクノロジー アーキテクチャの配置方法を把握する必要があります。ビジネスがますます複雑化する中で、これは決して容易なことではありません。

CIO は、従来通りのやり方によるコンフォート ゾーンから踏み出し、IT 化への取り組みの効力を社員たちに伝えてい方法についても学ばなければならないでしょう。

ですが、目標に合わせたアーキテクチャが必要になる中でも常に変わらないことがあります。IT の本来の側面である「情報」を念頭に置くことです。マネージャや社員にテクノロジーへのアクセス権を与えれば終わりというわけではないのです。社員の行動の基盤となるよう、さまざまなソースから関連するデータをまとめて引き出せるようにすることこそが、より優れたアプローチと言えるでしょう。さらに、IT 部門はビジネスに関連するパートナーと連携し、適切な人財が必要とするデータにアクセスできるようにしなければなりません。

ビジネス アドバイザー兼テクニカル アドバイザーとしての能力

これまで多くの CIO の役割は、社内ユーザーへのテクノロジー ソリューションの提供に特化してきました。しかしこの役割は急速に拡大しつつあります。高度に連携した現代のグローバル経済において、CIO はテクノロジーに関するスキル セットに加えてビジネスの才能を身につけ、これらを活用してデジタルに関するリーダーシップ戦略を構築しなければなりません。こうしたプロセスの中で CIO はビジネス アドバイザーとしての能力を獲得し、デジタル戦略の策定と実行により、収益性の高い新たなデジタル チャネルを通じた企業の効率化を実現できるようになります。

注力領域の変化は、ビジネスとテクノロジーのいずれの目標も重視することを意味します。CIO には、新たな言葉を使用することが求められています。すなわち、顧客や収益について言及し、テクノロジーではなくビジネスの言葉でビジネスリーダーに語りかけ、テクノロジーをデプロイする際にコストを一要素として考慮する必要があります。

熱意をもって社内の意識改革を行おうとする意思

デジタル化における行動指針を策定し実現していくことは、ビジネス目標の推進に役立つソフトウェア アプリケーション、Web サービス、API、ハードウェアなど、さまざまな種類のテクノロジーの活用により、ユーザー エクスペリエンスの自動化、分析、改善を進めていくことを意味します。これは大仕事ではありますが、未来の CIO の責務です。

従来、CIO は効率化やプロセスに注力してきましたが、今後はビジネス目標の根幹となるデジタル ビジョンを推進することになります。

こうしたソリューション提供の一環として、CIO はビジョンについて伝えていくという役割も担うことになります。CIO は、慣れ親しんできたコンフォート ゾーンから踏み出し、IT 化への取り組みの効力を伝え、全社で意識を共有するための方法についても学ばなければならないでしょう。CIO のメッセージが社員に伝われば、社員はこのメッセージが各自の業務に組み込まれていることを理解できるようになるでしょう。

顧客第一主義の戦略を展開する能力

CIO は、適切な人と人、あるいは適切な人と情報をつなげるツールとして、テクノロジーを活用することが必要です。そして、顧客ニーズに常に対応できるインフラを構築する必要があります。顧客に情報を提供すると同時に、顧客の利用状況を分析してサービス提供を改善できるインフラが求められます。アクセスが増大することになるため、すべてのユーザーとステークホルダーのアクセスやデータ利用を制御できるセキュリティ モデルを広く展開することも必要です。

従来、CIO は効率化やプロセスに注力してきましたが、今後はビジネス目標の根幹となるデジタル ビジョンを推進することになります。CIO の役割を果たす上で有効と見なされるスキルは変化するものですが、必ずしもスキルを一から学び直す必要はありません。組織を未来へと導くビジネスリーダーやテクノロジー リーダーになるためにはむしろ、すでに持っているスキルを活用したり、4 つの新たなスキルと組み合わせたりすることが求められるのです。

このトピックについての詳細は、『CIO of the Future: Combining Technology and Business Expertise (未来の CIO: テクノロジーとビジネス専門知識の融合)』をご覧ください。

さらに読む