ハーバード ビジネス レビュー: 2021 年以降に調達管理を進化させる 4 つの方法

ハーバード ビジネス レビューでは、企業における調達の役割が進化していることが示されており、リーダーがチームの能力を高め、戦略的に行動できるようにする方法について説明しています。

Image placeholder

変化をもたらした激動の 1 年により、企業全体のデジタル アクセラレーションの必要性が浮き彫りとなりました。しかし、ハーバード ビジネス レビューの調査によると、調達部門のリーダーの 92% が、会社のデジタル プロセスはパンデミックに対応できるようなクラス最高レベルには及ばないと述べています。

これらのデジタルによる制約により、不安定な需要の管理、混乱状態のサプライチェーン、自宅待機令が地域全体に拡大したことによるバラバラのリモート コラボレーションなど、調達チームはとてつもない課題に直面しました。調達チームは一瞬にして、不足している個人用防護具 (PPE) の調達、多岐にわたるサプライヤ エコシステムのサポート、事業継続の確保を行う役割を負いました。並行して、ビジネスへのリスクやコストを軽減することも求められています。

企業は、不確実な状況を乗り越えるための最適な方法についてのガイダンスを調達チームに求めるようになり、調達部門の新たな将来像が明らかになりました。調達部門は戦略的ビジネス パートナーとして着実に実績を積み重ねてきましたが、社会正義に対する活動や世界的な混乱と相まった世界規模のパンデミックにより、調達部門の台頭が飛躍的に促進され、企業戦略の最前線へと押し上げられました。ジャーナリストである Fareed Zakaria 氏は、「すでに進行中であったトレンドの加速化が、新型コロナウイルス感染症による一番大きな影響です」と言及しています。

このタイムラインの加速に対応するには、調達チームは、これまで以上に、効率的に、速く、賢く業務を行うことができるようにする必要があります。ハーバード ビジネス レビューの最新レポートでは、革新的な新しい運用モデルの必要性を訴え、次のように調達管理が進化すると予測しています。

サプライヤとの関係を重視する

企業の回復においては、コスト削減のみに注力するのではなく、調達部門がサプライヤと深い関係を築き、その関係を維持することが、引き続き重要です。不安定な需要、消費者動向の変化、市場の変化という不確実な状況の中でも企業が回復し、最終的に成功を収めるための基盤となったのは、サプライヤとの関係でした。

さらに、サプライヤとリアルタイムで連携できた企業の調達チームは、支払期限の延長、最少発注量の再交渉、互いにとって有益な解決策など、混乱に対して創造的な解決策を作り出し優位な立場を築くことができました。

サプライヤは企業の回復を助ける存在であり、競争上の優位性を持つうえで企業にとって不可欠なリソースでもあります。サプライヤ ネットワークを上手に活用している企業は、製品のイノベーションを推進でき、収益の拡大につなげることができます。サプライヤのイノベーションを促すために、企業はサプライヤの管理戦略を再評価しています。Harvard Business Review Analytics Services が実施した最新の調査によると、ビジネスリーダーの 60% がサプライヤ管理のデジタル化に関する計画を迅速に進めていたとされています。

調達チームとサプライヤとが戦略的に連携する場合、リスクを軽減し、ビジネスに競争上の優位性をもたらすことができます。テクノロジーに裏打ちされた優れた調達チームは、リアルタイムで連携を行い、サプライヤとステークホルダーのギャップを埋めることができ、企業全体に大きな影響をもたらします。

自動化を活用して可視性を向上させる

企業環境におけるもう 1 つの重要な変化は、自動化の出現です。ハーバード ビジネス レビューの最新レポートでは、グローバル経営コンサルティング会社 Kearney のパートナーである Elouise Epstein 博士は、「調達に関するこれまでのやり方と決別する時期に来ている」、「このままのペースで行くと 3 年から 5 年以内に、調達の多くの定型的なプロセスがデジタル テクノロジーにより自動化されることになる」と述べています。支出管理の自動化が進んだことで、あらゆる業界の調達チームは戦略的に行動し、ビジネス成果の向上につなげるために時間を活用するようになってきています。

また、調達部門のリーダーは、ステークホルダーに完全な可視性を提供するために、自動化やデジタル化に取り組んでいます。契約、サプライヤ、プロジェクト データを集約することで、調達部門のリーダーおよび意思決定者は、エンドツーエンドのソーシング プロセスの全体像を把握することができます。

「調達部門の従来の役割を変更し、エグゼクティブに可視性を提供し、先を見据えた行動ができるようにすることが私たちの目標です」

David Geyer 氏 企業調達担当ディレクター Blue Cross Blue Shield Tennessee

統合された調達データ コアにより、調達チームの時間が節約されるばかりでなく、レポート作成プロセスも簡素化されます。レポート作成を自動化することで、調達部門のリーダーはどこからでも結果を表示でき、情報をリアルタイムに確認して経営幹部に提案することができます。調達が支出管理のための戦略的な機能を高めて進化するにつれて、チームは、調達サイクル タイムを短縮し、十分な情報に基づく意思決定を行うために、自動化や一元化されたデータを活用する必要があります。

ソーシング機能のアジリティとレジリエンスを高める

パンデミックによる世界的規模での不確実性やサプライチェーンのディスラプションは、企業を迅速に安定させて事業継続性を確保する調達部門の能力を浮き彫りにしました。調達部門は将来的に、持続可能で変化に強い供給体制を確立し、組織のアジリティをサポートするうえで大きな役割を果たすことが求められています。

社員の PPE の確保、新規サプライヤとの関係構築、常に変化する世界でのビジネスの舵取りの中で、リスク管理は、調達部門にとって重要な責務となりました。契約のすべてを把握し、リアルタイムで連携できる能力を備えた調達部門のリーダーは、業務を中断することなく迅速に対応し、リスクを評価することができました。

「調達部門は、必要な最新情報をすぐに利用できるようにし、エグゼクティブが十分な情報に基づく意思決定を行うことができるようにします」

Joe Patchett 氏 グローバル調達担当ディレクター Gemological Institute of America

この 1 年間で学んだことがあるとするならば、変化は避けられないということです。市場や消費者動向が大きく変動するにつれ、企業は適応方法を身に付けざるを得なくなりました。アジリティとレジリエンスの高い調達チームがあれば、企業は将来的なディスラプションに備えて戦略的な計画を立てながら、現在の環境に適応することができます。

目的を明示して取り組む組織をサポートする

サプライヤ、コンプライアンス、およびレジリエンスの可視性が向上することで、調達チームは企業価値を維持するうえで重要な役割を果たすでしょう。そのために、調達部門が実行できることは、多様なサプライヤと提携することです。この 1 年のサプライチェーンのディスラプションにより、従来のサプライヤとの関係に亀裂が生じ、多くの企業はサプライチェーンの強化を目指し、小規模な、多くのローカル ベンダーと契約するようになりました。強力なサプライヤ ダイバーシティ プログラムを実施している企業は、重要な企業目標に取り組みながら目覚ましい成果を挙げています。

また、調達管理は、倫理に配慮したビジネス プラクティスを促進するうえでの原動力でもあります。コンプライアンスとリスク管理は常に調達の重要要素ですが、最近の人権法案では、公正な労働市場を確保するにあたり、調達の役割が強調されています。

カリフォルニア、欧州連合、オーストラリアなどの法律では、グローバル ビジネスに対してバリュー チェーンに人権侵害の事例がないことを証明するよう求めています。企業が調達チームに期待しているのは、サプライヤ (およびサプライヤのサプライヤ) までドリルダウンしてこれらの法規制を遵守し、公平な労働条件を策定することです。レポートでは、Johnson & Johnson 社 CPO の Shashi Mandapaty 氏が社会的責任に対するこうした取り組みを、「コーポレート シチズンシップ」と呼んでいます。

「すべての優れた調達組織にとって現時点での最大の柱は、持続可能性、つまり経済的持続可能性、環境持続可能性、社会的持続可能性の観点から何ができるかということです」

Shashi Mandapaty 氏 CPO コーポレート グループ Johnson & Johnson

調達の新しい運用モデル

この 1 年の出来事は、調達部門が企業の真の戦略部門へと進化するのを促すにすぎないものでした。クラウド ソリューションに支えられている優れた調達チームは、サプライヤとの関係を築き、経営幹部に可視性を提供し、組織のアジリティを向上させ、企業が価値を実現できるようにします。

調達部門が直面している重要な変化や、支出管理部門のリーダーがチームを「ネクスト ノーマル」と呼ばれる新しい時代に立ち向かえるようにする方法が、ハーバード ビジネス レビューの最新レポートで概説されています。組織の中で調達部門を強化し、ビジネスの戦略的パートナーになるための方法をご確認ください。

さらに読む