株主により高い価値を: ファイナンス リーダーのための戦略とビジョン

最高財務責任者 (CFO) は、企業からこれまで以上に多くの役割を求められています。CFO は、環境、社会、ガバナンス (ESG) イニシアチブを主導したり、デジタル トランスフォーメーションのプロジェクトを監督したりすることに加え、将来に向けてチームに適切なスキルを習得させることを期待されています。そのため、財務リーダーは適切なテクノロジーを導入する必要があります。

CFO の責任が拡大し続けるにつれ、その役割は日々変化しています。Workday のゼネラル マネージャ兼ファイナンス リーダーの Terrance Wampler は、グローバル規模で開催された Workday デジタル イベントの Conversations for a Change World で、「今日、最高経営責任者 (CEO) や取締役会は、CFO が危機的な状況を切り抜けながら他社よりも優れた業績を上げることを期待しています。CFO の関心は株主価値の最大化から、より広範なステークホルダーの価値の向上に移っています」と話しています。

ステークホルダーのより広範な価値向上と期待の高まりを受けて、持続可能性や人財の獲得、デジタル アクセラレーションへの一層の取り組みが求められています。

つまり、企業は CFO に対してこれまで以上に多くの役割を果たすことを求めており、なかでも適切なテクノロジーの導入を期待しています。

収益の拡大

Wampler は、「収益拡大の鍵は成長にあります。成長を遂げていくには、3 か月以内の短期的な目標達成、3 ~ 9 か月にわたる中期的な業務改善、1 ~ 3 年間の計画に及ぶ長期的でより戦略的なイニシアチブのバランスを取る必要があります」と話します。

米国管理会計人協会 (IMA) の 2021 年の調査で、収益の成長と、高パフォーマンスの ファイナンシャル プランニングと分析 (FP&A) チームの間には強い相関関係があることが明らかになりました。パフォーマンスの高い FP&A チームを持つ企業の収益成長率が 21% だったのに対し、パフォーマンスの低い FP&A チームを持つ企業の収益成長率はわずか 4% でした。

高パフォーマンスの FP&A チームはどのような点で優れているのでしょうか?

「CFO と FP&A チームが実行できる最も影響力のある行動の 1 つは、複数の収益シナリオをモデル化することです」と Wampler は言います。

そこで役立つのが Workday だと同氏は続けます。「Workday を使用すると、お客様は短期、中期、長期のシナリオをモデル化して実行し、財務データと業務データを取り込み、What-If 比較を実行できます」

「大離職時代」において記録的な人数の従業員が離職する中、CFO は急速に変化する経済の中で、いかに優秀な人財を獲得し、定着させるかを検討する必要があります。

コストの管理

コストの抑制は、依然として財務リーダーの最大の懸念事項となっています。PwC 社が 2022 年に実施した調査では、CFO のおよそ 3 分の 1 (30%) が、収益総額に占めるコストの削減を最優先事項として挙げています。

支出の最適化と予測可能なキャッシュフローの推進に成功している組織を見ると、裁量支出を管理する最大の機会の 1 つがサプライヤと調達管理の実務にあることがわかります。 

Workday エンタープライズ マネジメント クラウドは、調達から支払いまでの全プロセスをサポートするとともに、社員には直感的な購入体験を、買掛金チームには自動請求書や、単一の支払エンジンを提供します。キャッシュ マネジメント機能と合わせ、堅牢なキャッシュ予測とモデリングの機能により高い可視性が実現することで、ユーザーは流動性を簡単に管理して、運転資本を最適化できるようになります。 

さらに CFO は、コストを抑えながら収益を拡大するために、設備投資によって ROI が最大化されるようにする必要もあります。

「CFO は、自分たちに託された資本を守る番人です。Workday プランニングは、資本支出の収益予測の改善、効果的かつ効率的な資本プロジェクトの計画、そしてもちろん、資本資産のライフサイクル全体に対する迅速で正確なレポーティング・分析によって、組織が設備投資から最大のリターンを得られるように支援します。また、資本資産の獲得を計画およびモデル化したり、減価償却方法を自動化したり、資本が財務諸表に与える影響を完全に可視化したりすることもできます」と Wampler は説明します。

ESG 目標の達成

組織や CFO は、財務上の成果を上げるだけでなく、環境、社会、ガバナンス (ESG) に関する成果も上げなければならないというプレッシャーにさらされています。NYU Stern Center for Sustainable Business 社と Rockefeller Asset Management 社による 2021 年のメタ調査によると、58% の企業において、ESG と財務パフォーマンスの間に密接な関係がありました。

ESG の要素を優先している企業は、持続可能性に関するデータを社内だけでなくサードパーティまで含めて追跡する機能を活用して、そのメリットを得ることができます。「追跡できるデータには、カーボン フットプリントや気候変動のほかに、サプライチェーンへのリスクなどがあります。これらはすべて設定可能なダッシュボードから追跡できます」と Wampler は言います。

社員管理の面では、人員構成データを収集している組織であれば、ダイバーシティと同一賃金に関連する目標を達成するのに役立ちます。Wampler は、Workday を活用することで、民族、兵役経験ステータス、障がい、婚姻区分などの人員構成に関する情報と、その共通点を把握できると述べています。「Workday のライブ インデックス手法により、さまざまな社員グループのパターンとインサイトが明らかになり、表面的に問題に対処するのではなくリスク領域の特定につなげることができます。たとえば、女性エグゼクティブが報酬が少ないと感じている場合、そうした傾向を明らかにし、それに対処することができます。そうすることで問題が深刻になる前に対処し、解決に向けて動き出すことができるのです」と言います。

NYU Stern Center for Sustainable Business 社と Rockefeller Asset Management 社が実施した 2021 年の調査によると、58% の企業において、ESG と財務パフォーマンスの間に密接な関係がありました。

優秀な人財の獲得と定着

「大離職時代」において記録的な人数の従業員が離職する中、CFO は急速に変化する経済の中で、いかに優秀な人財を獲得し、定着させるかを検討する必要があります。Prudential 社の調査によると、米国の成人労働者の 4 人に 1 人は、パンデミックが収束したら新しい勤め先を探す予定だと回答しています。

雇用主は、人財の獲得において優位に立てるテクノロジーを活用する必要があります。

「優れたソフトウェア ユーザー エクスペリエンスは、優れたエンプロイー エクスペリエンスにつながります」と、Wampler は言います。さらに同氏は、こうした背景から Workday ではプロセスの自動化などによって社員エンゲージメントを向上させる製品の開発を優先していると説明します。Workday は、インテリジェント プロセスを自動化することでチームがよりスマートかつ簡単に業務を遂行できるようにしています。

機械学習 (ML) と人工知能 (AI) は、新たなテクノロジー スキルを学ぶ機会であると同時に、社員エンゲージメントを維持するための新たな手段になっていると Wampler は付け加えています。

クラウドベースのプラットフォームは、より優れたテクノロジー ソリューションを提供するだけでなく、オフィス以外の場所でも従業員をサポートするのに役立ちます。パンデミックの影響で多くの社員がリモートワークやハイブリッド ワーク環境に適応する中、Workday の堅牢な機能により、社員は場所に関係なく業務を遂行でき、柔軟性が向上していると Wampler は言います。

CFO の責務

企業がバックオフィスのプロセスやシステムの変革に投資することで、社員、サプライヤ、顧客、コミュニティはメリットを受けることができます。これはつまり、今日の CFO には非常に重要な役割が課せられていることを示唆しています。

Hackett Group によると、幸いにも CFO の 75% が、パンデミックによりオペレーションのデジタル化が加速したと述べています。「次世代のテクノロジーは今や、組織が生き残るためだけでなく、不確実性を伴うニューノーマルに対応しながら成長を遂げていくための必須要素であると考えられています」と、Wampler は締めくくりました。

さらに読む

  • 人事部のあるべき姿とは?今求められる役割と実現のための方法を解説

    人事部のあるべき姿とは「経営目標を実現させるため、自社人財の能力を最大限に活用する戦略を立てて実行できている状態」です。実際に、成功している企業の人事部はそういった限定的な考えから脱却し、会社全体の経営戦略に基づいて人財を育成したり、パフォーマンスを向上させるための施策に取り組んだりしています。最後までお読みいただけると、人事部のあるべき姿を理解した上で、今求められている役割から実際の業務内容までを知ることができます。

  • 従業員エンゲージメントとは?意味・メリット・事例・向上施策を解説

    従業員エンゲージメントとは、「従業員が企業に貢献しようとする自発的な意欲」のことです。従業員は人財であり、企業の成長に欠かせないとする考えが世界のスタンダードです。目まぐるしく変わる社会情勢の中で生き残るためには、従業員エンゲージメントを軽視することはできません。最後までお読みいただくと、「どうすれば優秀な人財を定着させられるのか」「どうすれば意欲的に業務に取り組む従業員を増やせるのか」という悩みの答えが見つかるはずです。