財務リーダーのジレンマ: 目の前に置かれた 2 つの選択肢

旧式のレガシー システムの保守を続けるか、それともクラウドベースのソリューションのような新たな選択肢を検討するか。こうした選択肢を前に身動きがとれなくなっている財務リーダーがよく見受けられます。Mark Nittler がこの問題について解説します。

Image placeholder

「黄色に染まった森の中、道は二手に分かれていた . . . .」—Robert Frost

運用中の財務システムについて財務リーダーたちと話していると、よくこの詩の 1 節が頭に浮かびます。旧式のレガシー システムと、クラウドベースのソリューションのような新たな候補を比較して、どちらかを選ばなければなりませんが、どちらの道を進むべきか決めかねて困り果てているリーダーをよく見かけます。

前者を選んで、レガシー システムの欠陥にどうにか対処し続けることもできます。レポート ツールをこちらに組み込み、プランニング ツールをあちらに追加するといった具合です。この戦略は定石的ですが、うまくいきません。また、後者を選べば真の変革を確実に実現できるでしょうが、財務テクノロジー インフラを総入れ替えする作業は困難を極めるように思えます。

どちらもあまり気が進みません。だから財務リーダーたちは尻込みしてしまうのです。

リーダーたちがレガシー システムの刷新に躊躇する理由は理解できます。レガシー ERP の導入やアップグレードにかかった時間、コスト、ストレスの記憶に未だ苛まれているため、大きなチャンスが現れても、冷や汗をかいて震えるだけなのです。

しかし、少しずつ付け足していくアプローチはうまくいきません。なぜなら、レガシー財務システムのコア部分は、現在のニーズを満たすよう設計されていません。そのようなコアをいくら別のもので包んだり、上から何かをかぶせたりしたとしても、本質を変えることはできないのです。「豚に口紅(lipstick on a pig)」という慣用句が思い浮かびます。

そこで Workday は、白紙の状態から次世代の財務管理アプリケーションをデザインしました。今の財務に必要とされる機能を、レガシー システムよりもはるかに速く、より簡単に導入できるようにしたのです。この次世代の財務ソフトウェアは、かつて非常に負担を強いられたレガシー ERP の導入に代わる選択肢を企業にもたらし、ますます複雑化する現在、そして未来のビジネスニーズに対処する基盤を作り出してくれます。

「システムをアップデートしないと、時代に取り残されることはわかっていました」—Johnson Brothers Liquor 社 CFO、Kevin Loegering 氏

今まで私たちの多くのお客様が、古いシステムから乗り換える際に大変な決断をするのを見てきました。綿密なリサーチを経て決断を下し、Workday やそのパートナーと綿密に連携を取りながら、スピーディで使いやすいクラウド ベースの財務システムを導入してきたのです。

その結果、お客様は財務部門の変革を実現することができました。リアルタイムのビジネス インサイトを獲得し、これまでの半分の時間で決算処理を完了できるようになったのです。Johnson Brothers Liquor 社 CFO の Kevin Loegering 氏は次のように述べています。「システムをアップデートしないと、時代に取り残されることはわかっていました。Workday を活用するようになった今、当社は継続的な成長を実現しています」 (Kevin 氏が経験した Workday のデプロイについては、こちらのブログ記事をご覧ください)。

Workday の財務管理のお客様の半数以上が、すでに本稼働を開始しており、未来へと進む道には苦痛も恐怖も必要ないことを証明しています。それどころか、ビジネスを推進するイノベーションすら実現できることでしょう。

財務ソフトウェアを提供していて、非常に嬉しく思う瞬間です。レガシー システムが古びていくにつれ、CFO は選択を迫られます。少しずつ付け足して、ますます重く複雑になり、コストもかかるシステムを使い続けますか?それとも、組織を未来へと導く最新の財務システムに刷新しますか?

さらに読む