スマートなソーシングの 3 つの主な利点

未来はクラウドの中にあります。デジタル化されたソーシング チームによってビジネスに力を与え、デジタル アクセラレーションのギャップを埋める 3 つの方法をご紹介します。

Image placeholder

リモート業務への完全な移行から混乱状態にあるサプライチェーンの強化、そして事業継続計画における主導的な役割に至るまで、この 1 年間、ストラテジック ソーシングではあらゆる角度から不確実性と向き合ってきました。このような不確実性に対処するために、優秀な組織は、独自の課題を克服し、自社の未来を守るための指針をソーシング部門や調達部門に求めています。

どの業界でも、ストラテジック ソーシングのリーダー企業はテクノロジーを活用してつながりを維持し、混乱の中でもビジネスを円滑に継続できるようにすることでこれらの課題に冷静に対処してきました。急速に変化するビジネス環境の中で、時間のかかる手動の調達プロセスがもはや通用しないことは明らかです。企業がオフィス内業務の再開を計画し始める中で、約 45% のエグゼクティブが調達の自動化とトランスフォーメーションを迅速に進めています。企業が調達部門に必要なツールを提供することで、ソーシング チームはリスク管理、戦略的なコスト削減、サプライヤとの関係管理といった重要なビジネス イニシアチブをサポートできるようになります。

テクノロジーを活用しているソーシング チームは、変化をより効果的に乗り切ることができ、将来どのようなことが起こっても対応できるように備えることができます。それでは、スマートなソーシングによって得られる 3 つの主な利点を見ていきましょう。

エグゼクティブやステークホルダーとの緊密な連携

組織やビジネスリーダーが各地に分散している今、ソーシング チームがチーム内やステークホルダーとのコラボレーションのために専用の仮想ハブを持つことは不可欠です。混乱が続く中では、企業は注意深く監視し、優先順位をその場で調整できるリアルタイムのコラボレーション機能を必要としています。

また、優れたソーシング リーダーは、コスト削減に関する最新のレポートを提供したり、プロジェクトのパイプラインや支出全体を可視化したりすることで、経営幹部と緊密に連携しています。ビジネスのスピードが速くなるにつれ、エグゼクティブやステークホルダーは、自動分析を導入したり、緊急プロジェクトのステータスをリアルタイムで更新したりすることで、戦略的かつデータドリブンな意思決定を行う必要があります。

エグゼクティブや主要なステークホルダーが調達プロセス全体を可視化できれば、ソーシングが企業全体に与える影響を飛躍的に高めることができます。米国最大のオンライン融資市場である LendingTree 社は、調達部門のデジタル アクセラレーションを優先したことで、以下のような目覚ましい成果を上げました。

  • 調達のサービス品質保証契約 (SLA) を大幅に削減。

  • 完了したプロジェクトが約 10 倍に増加。

  • 預金額が大幅に増加。

ソーシング プロセスの迅速化とサイクル タイムの削減

ストラテジック ソーシング チームには、個別のスプレッドシートや E メール チェーンから必要なデータを探し出す時間がありません。情報を一元化し、データ入力やリクエストの処理、プロジェクトやコスト削減の追跡などの面倒な作業を自動化する、直感的な唯一の正しい情報源が必要です。

特に、不確実な状況では、優先順位の変化に適応して迅速に行動するためのアジリティがソーシング チームに求められます。

直感的なテクノロジーを活用することで、Uber 社のストラテジック ソーシングおよびサプライチェーン部門を率いる Brish Bhan Vaidya 氏のようなソーシング リーダーは、交渉に費やす時間を大幅に短縮しながら緊急性の高いプロジェクトを迅速に進めています。Vaidya 氏は、Supply Chain Dive レポートの中で次のように述べています。「以前は交渉が完了するまでに 1 ~ 2 週間かかっていましたが、テクノロジーを活用することで、リバース オークションのセットアップが 10 ~ 15 分、管理が 20 分程度で終わるようになりました」。Vaidya 氏のようなソーシング リーダーは、テクノロジーを利用してオークション プロセスを自動化することで、契約プロセスを劇的に短縮し、より戦略的な業務に時間を費やせるようになっています。

サプライチェーンの持続可能性の確保

多くの企業では、混乱によってサプライチェーンに大きなギャップがあることが明らかになりました。そのため調達部門のリーダーは、戦略的パートナーが安定したバリュー チェーンを持っていることを確認するよう求められています。一方で Deloitte 社の調査によれば、調達部門のリーダーの約 65% は、一次サプライヤ以外についてはまったく、あるいは一部しか可視化できていません。

サプライチェーンを維持し、将来の混乱からビジネスを守るために、ストラテジック ソーシング リーダーはサプライヤ全体を可視化するとともに、フィードバックやパフォーマンス評価の仕組みを用意する必要があります。ビジネスのスピードがますます速くなる中で、ソーシング リーダーはすべてのベンダー パートナーとコミュニケーションを取り、その反応を集約して戦略的な意思決定に役立てる方法を必要としています。サプライヤとの継続的なコミュニケーションを維持することで、ソーシング リーダーは潜在的なリスクがどこにあるかをより的確に把握できるようになります。

重要なのは、成功のためのソーシング チームを作ること

予期せぬ事態を厳密に想定した計画を立てることはできないかもしれませんが、ネクスト ノーマルに備えるためにストラテジック ソーシング チームができることがあります。確実に言えるのは、未来はクラウドの中にあるということです。ソーシング チームがテクノロジーを活用すれば、包括的な可視性、リアルタイムのコラボレーション、合理化されたプロセス、データドリブンな意思決定を実現して、不確実な状況下でもビジネスを大きくリードできる有利なポジションに立つことができます。

さらに読む