アクセラレーションのギャップ解消に役立つ 2 つの必須事項

激化する変化のスピードと、それに対応する組織の能力とのギャップは、戦略上の悩みの種となっています。そのギャップを埋めるために必要なことをご紹介します。

世界の変化のスピードが加速している中で、企業がどのように変化に対応しているのか、疑問に思われるかもしれませんが、実際のところ、ほとんどの企業は対応できていないのが現状です。 

世界的なパンデミック、サプライチェーンの寸断、人財不足など、歴史的な混乱に直面しているにもかかわらず、最高経営責任者 (CEO) の約 3 人に 2 人 (63%) は、KPMG 社に対し、プロセスと実行が遅すぎると語っています。 

包括的な業績インサイトの欠如、時代遅れのテクノロジー、収益予測や予算編成に対する後ろ向きのアプローチなどは、2 年前のパンデミックによる大混乱以前からビジネスを停滞させる要因となっていました。そして、変化のスピードがかつてないほど速くなっている現在、その能力の欠如が、アクセラレーションのギャップ (変化のスピードの激化と、それに対応する組織の能力との差) を生み出しています。  

McKinsey 社のグローバル調査でも、自分の組織がタイムリーな意思決定に長けていると答えた回答者はわずか 20% だったというデータがあり、このことを裏付けています。 

残りの 80% はどうしているのでしょうか?変化についていくのが精一杯な中で、ビジネスを進化させようとしていることでしょう。しかし、成功の基準がかつてないほど速く変化し続けている中、それは簡単なことではありません。アクセラレーションのギャップから抜け出せず、変化に対応することが難しい旧来型のエンタープライズ リソース プランニング (ERP) モデルに足を取られている 63% の企業の場合は、特に困難を極めます。

この課題は、現実の結果を伴う戦略的な問題です。今日の社会で成功するには、次に何が起きても迅速に適応する力が必要です。しかし、変化に対応できないシステムで業務をせざるを得ないとしたら、適応性は手の届かないものになります。

これらの組織にできることとは何でしょうか?まず、現状維持の働き方や、その硬直化したプロセスを支える技術をためらわずに捨てる必要があります。次に、現在の ERP システムによる制約を検討し、より良いものが存在するという考えを受け入れる必要があります。「より良いもの」とは、より適応力があり、ERP を超える何かです。

時代遅れのハードウェア化されたプロセスでは、アジリティを発揮する余地はほとんどありません。

例えば、従来の ERP システムはレガシー思考で構築されていました。最高財務責任者 (CFO) がこの 2 年間で学んだことがあるとすれば、今日の混乱の中では、レガシー思考はほとんど役に立たないということです。ERP システムは、より予測可能な時代に向けて設計されています。これらのソリューションに依存する組織は、複数のソリューションを取得し、その結果、データが断片化される傾向があります。そのため、プロセスがバラバラになってサイロ化し、本来であればビジネスが活性化するタイミングで遅れをとってしまいます。

また、プロバイダがレガシー ソフトウェアをクラウド対応に移行する例をあちこちで目にしますが、残念ながらこの応急処置的なソリューションではギャップを埋めることはできません。なぜなら、ERP システムはモノリシックな性質を持ち、システムの中核には大規模な階層構造、煩雑な抑制と均衡、頻繁な IT 介入を必要とする扱いにくい後付けのモジュールなどがあるからです。 

これは、アジャイルな組織がアクセラレーションのギャップを埋めるために必要な、流動的で自動化されたコラボレーション環境ではありません。そのため、Hackett Group 社の調査によると、2021 年には旧来の財務アプリケーションの導入が 11% 縮小すると予想されています。一方、真のクラウドベースの財務アプリケーション スイートの導入は 25% の増加が見込まれます。

ギャップを埋める: 2 つの必須事項

Longitude 社が実施する予定のグローバル調査では、「アクセラレーションのギャップは現実のものとなっている」ことがわかっています。「半数以上のリーダー (52%) が、自社のビジネスの現状と、競争力を高めるために必要な状態との間に溝が深まっていると回答しています」。 しかし、世界中の何千もの企業がこのギャップを埋めることに成功してきました。彼らは、ビジネスをアジャイルで動きの速い組織に変えるために、一連の必須事項の実践、すなわちベストプラクティスを実施することでそれを達成しました。ここでは、そのうちの 2 つをご紹介します。

必須事項 1: 現状への対応。レガシーなシステムとプロセスは、リアルタイムに動作するように構築されていないため、組織にとって足かせになります。その主な理由は、組織が活動するための重要な情報がサイロ化し、そのデータに依存するビジネス プロセスも同様にバラバラになっているためです。チーム間にサイロが存在し、使用するシステムやデータもサイロ化されてしまうと、組織を必要とされるスピード感で運営することはできません。これでは、アクションや決断が遅れるだけです。

これは珍しいことではありません。Accenture 社の調査によると、75% のエグゼクティブが、自社の組織は業務上のサイロ化から抜け出せず、スピードが低下していると回答しています。課題の答えHackett Group 社の調査によると、財務リーダーは、「計画、実行、分析サイクルの迅速化と意思決定の改善」を可能にする最も重要な要因として、独立したシステム間のデータ統合を改善するテクノロジーの活用を挙げています。

必須事項 2: 全体像を把握して不確実性を低減。この必須事項は、サイロを取り除くことと密接に結びついています。今日の組織は、次に起こるかもしれないことを推測することでは効果的に運営することはできません。すべてのデータに簡単にアクセスでき、その情報をインサイトに変えることができるシステムが必要です。残念ながら、従来の ERP システムと「容易なアクセス」は相反する概念です。

レガシー ERP の限界を超えた最先端のソリューションは、まさにそれを実現するために構築されています。例えば、業界で最も適応性の高いクラウド プラットフォームである Workday のエンタープライズ マネジメント クラウドは、財務、人財、業務のすべてのデータを統合インテリジェント データ コアに集約できます。ライブ データと最新レポートを活用し、常に企業の全体像を把握しながら確信を持って業務を遂行できます。つまり、すべてのステークホルダーがアクセスできるデータを活用するということです。 

自信を持って行動し、ビジネスが適応できるようにするには、古いシステムやプロセスのバックミラー的な見方を捨て、組織が今どのように機能しているかを分析する必要があります。このように、今現在のビジネスを全体的に把握することで、意思決定者は将来のニーズを予測し、そのニーズが生じたときに対応することができます。Deloitte 社が行った人的資本の動向に関する調査では、エグゼクティブの 4 人に 3 人 (74%) が、新たなビジネス需要に対応するためのスキル再習得が急務であるとしていますが、行動に移す準備ができているのはわずか 10% です。 

加速するスキル再習得のニーズに対応するためのデータはすべて揃っています。不足しているのは、そのデータを使ってビジネスが直面している現状の全体像を把握する能力です。準備ができているリーダーたちは、ビジネスが常に進化していることを知っています。レガシー システムは、バックミラー タイプのレポートや標準的なヘッドカウント レポートなど、データをデジタル化する上では役立ちます。しかし、今必要なのは、人事部門のリーダーが、以下のような重要かつより的を射た質問に対する答えを持つことによって、データと対話する方法です。どのような人財がいるか?チーム全体にどのようなスキル セットがあり、誰に投資すべきなのか?いつ、どこで、新しい役割が必要になるのか?

リーダーのより戦略的な役割

アクセラレーションのギャップを埋めることの副産物のひとつは、チームとそのリーダーが、戦略的な財務計画と分析により多くの時間をかけることができるようになることです。結果として、ビジネスへの付加価値を高める能力が身につきます。

その好例が、最新のクラウド プランニング プロセスです。レガシー システムでは、データは断片的でつながりがありません。プランニングはスプレッドシートを使った時間のかかる手作業であるため、週末返上で取り組まなければなりません。そのため、戦略的な分析や指導を行う時間がほとんど残りません。しかし、最新の環境では、プランニング サイクルの大部分が自動化され、企業全体のチームがオンデマンドで予測と再調整を行い、継続的に予算を組み、what-if シナリオをモデル化して、その決定の影響を予測することができるようになります。事実、Workday Adaptive Planning システムのお客様の 88% が、組織内での役割が以前より戦略的になったと回答しています。

最も重要なことは、時代遅れのハードウェア化されたプロセスには、企業が今何よりも必要としているアジリティを実現する余地がほとんどないということです。アジリティとは、これらのベストプラクティスと、一部の組織で日々拡大するアクセラレーションのギャップを埋めることを目的としたその他のベストプラクティスの最終的な成果と言えます。 

従来の ERP システムが、不確実性の中での意思決定に対応できるようなものであれば、すでに成果が出ているはずです。しかし、変化が加速するにつれ、新しいアプローチの必要性がますます明確になり、旧来のアプローチの欠点が成功をより困難なものにしています。

さらに読む

  • CFOの役割とは?昨今求められる期待や仕事内容を解説

    欧米企業の潮流を受けて、最近は日本企業でも「CEO」「CFO」などトップマネジメントをアルファベット3文字で表現する動きが生まれています。「最高財務責任者」を意味するCFOですが、財務・経理部長とは異なる大きな役割を持つ存在です。CFOは会社の全部門を見渡したうえで資金計画を統括する立場です。企業のお金の計画は、企業の未来業績を左右する生命線とも言えます。安易にCFOを設定してしまうと、本来得たかった成果を逃すだけでなく、社内で不要な軋轢なども生じかねません。最後までお読みいただければ、CFOの理解だけでなく「自社の場合はどう対応するか」という判断ができるはずです。CFOに関する基礎知識を学んでいただき、ぜひ自社にメリットがある形でCFOを設置するのか否かを検討いただければ幸いです。