社員の成長と育成への投資がかつてないほど重要になっている理由

最近のある調査によると、社員は、コロナ禍で多くの雇用主が提供できた雇用保障を評価する一方で、自身の将来のキャリア機会に関心を寄せるようになっています。組織は 2021 年以降も社員の成長と育成が引き続ききわめて重要になると考えています。

多くの組織が 2021 年、社員の成長と育成が極めて重要になると考えています。しかし、Workday による新しいレポートによると、社員の間で、成長に関する懸念が高まっていることがわかりました。 

160 か国の社員のコメント 3,000 万件の分析に基づく『社員の期待レポート (2021 年)』では、コロナ禍で雇用主から受けられた雇用保障について社員が好意的である一方、その多くが自身のキャリアの将来性について関心を高めていることが浮き彫りになっています。 

特筆すべきなのは、成長に関する社員スコアは、下落の見られた数少ない分野の 1 つであるにもかかわらず、成長に関するコメントをした社員の割合が昨年と比べて 8% 下落していることです。社員はキャリアの将来を心配しているだけなく、これらの問題について声を上げることに困難を感じているのです。 

以前、レポートで取り上げられた他の 3 つのトピック、すなわち柔軟な働き方健康と幸福、そしてダイバーシティ、公平さ、インクルージョンについて考察しました。2021 年の社員の期待に関するシリーズの最後では、社員が個人および職業人としての成長機会についてどう感じているのか分析していきます。また、グローバル コミュニティの一員である私たちが、どのようにすれば全社員が成長するための余地を確保できるのかをさらに説明していきます。 

「成功する組織とは、自分が最も有意義な形で成長していると社員一人ひとりが感じることができる組織です」

Jason Lauritsen 氏 『Unlocking High Performance』の著者

パンデミック後の社員の離職を防止する

コロナ禍で、多くの組織が雇用保障を優先しました。これは社員の権益を保護する上での重要なステップでした。現在、組織はパンデミック後の労働環境を検討していますが、雇用保障からキャリア開発にシフトすることが重要です。データによると、社員がキャリアアップの可能性を見出せない場合、離職リスクは高くなります。

社員が離職を検討しているかどうか判断する最も一般的な方法は、「他の組織で同じ仕事を紹介された場合、今の会社に残る可能性はどのぐらいか」と尋ねることです。これに対する答えは、非常に明確な判断基準となりますが、離職の兆候がもっと微妙な場合もあります。たとえば Workday の離職アルゴリズムを利用した場合、現職に残る社員の成長スコアは、離職しようとしている社員よりも 13% 高くなっています。

この統計を念頭に置いて上の図を見ると、社員の成長スコアに関し、気になる傾向が見て取れます。ベビーブーム世代と X 世代 (一般的に上級ポジションにいる場合が多い) の社員を除けば、成長スコアは 2020 年を通じてコンスタントに下落しています。企業にとっては、これらの離職サインを認識し、アクションを起こすことが重要です。

若い世代の成長と育成を促進する 

『社員の期待レポート (2021 年)』全体を通して明らかになったことは、社員が明確なコミュニケーションを重要視しているということです。低迷する成長スコアに対する長期的なソリューションは、企業が実施する育成オプションに投資することですが、最初のステップとなるのは、企業が社員のニーズを認識しているということを社員に知ってもらうことです。このステップを最も必要としているのが若い社員です。

下の図に示すとおり、Z 世代やミレニアル世代の社員のスコアは、年長の社員に比べて不釣り合いなほど落ち込んでいます。ここから読み取れるリスクは、まだキャリア形成の初期段階にいる社員や、将来より多くのものを生み出してくれる社員を失ってしまうことです。

社員の成長と育成は、必ずしも昇給や昇格のみを意味するわけではありません。それよりも、マネージャは社員が望んでいることについて、双方向で誠実に対話する必要があります。社員が望んでいるのは、たとえば以下のようなことかもしれません。

  • 長期的な目標を明確化し、大まかなアクション プランを策定する。

  • 柔軟な働き方を選択できるようにすることで、私生活に対するサポートを強化する。

  • 他部門と協働する機会や他部門の仕事ぶりを観察する機会をもっと増やす。

  • 社内メンターシップ プログラムを設定し、キャリアアップを促進する。

会社側が社員に成長や育成の機会を明確に伝達すれば、社員は自分が大切にされていると感じることができます。このように社員が自分の価値を認識することによって、離職リスクが軽減されます。いまや人々の現在の安全性を優先することが最重要課題である期間は終了しつつあり、社員は企業が自分たちの未来に投資することを望んでいます。 

昨年の出来事が世界中の社員に与えた影響の詳細、および社員が将来雇用主に求めていることの詳細については、完全版の『社員の期待レポート (2021 年)』をご覧ください。 

さらに読む

  • 人事部のあるべき姿とは?今求められる役割と実現のための方法を解説

    人事部のあるべき姿とは「経営目標を実現させるため、自社人財の能力を最大限に活用する戦略を立てて実行できている状態」です。実際に、成功している企業の人事部はそういった限定的な考えから脱却し、会社全体の経営戦略に基づいて人財を育成したり、パフォーマンスを向上させるための施策に取り組んだりしています。最後までお読みいただけると、人事部のあるべき姿を理解した上で、今求められている役割から実際の業務内容までを知ることができます。

  • 従業員エンゲージメントとは?意味・メリット・事例・向上施策を解説

    従業員エンゲージメントとは、「従業員が企業に貢献しようとする自発的な意欲」のことです。従業員は人財であり、企業の成長に欠かせないとする考えが世界のスタンダードです。目まぐるしく変わる社会情勢の中で生き残るためには、従業員エンゲージメントを軽視することはできません。最後までお読みいただくと、「どうすれば優秀な人財を定着させられるのか」「どうすれば意欲的に業務に取り組む従業員を増やせるのか」という悩みの答えが見つかるはずです。